読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブリトニーのにゃん生

生後6ヶ月で妊娠した状態で保健所で保護された美猫を保護したのは、バンクーバーに住む新婚夫婦

ブリちゃんが、糸を誤飲してしまった・・・

 

 

かわいいブリちゃんが・・・

糸を誤飲してしまった!!!

 

 

ベッドの下から出てきたブリの口には

長さ6cmぐらいの白い糸が・・・

 

「ひげが縮れてる?」って思う程の細さでした。

 

 

歯に、はさがってるのかな・・・

と、思ってグイッっと引っ張ると

「おえっ」と苦しそうな顔をしたブリちゃん

 

モモマンは、ビビって思わず手を離してしまった。

そのすきに、ブリはベッドの下に隠れてしまった。

 

引きずり出した時には、もう糸はなくなっていました。

 

食べてしまいました。

 

ネットで調べると、腸に絡まったらヤバイ。

糸類を飲み込むのは、とても危険!と…

 

朝一番で、病院に電話。

 

「心配しすぎないで、1日たってもうんちから出てこなかったら、病院に連れてきて。」

 

と…1日立って、腸に行ってしまったらどうするの!?

(もう、腸に行ってるのか・・・な。)

 

とにかく、元気そうなので、様子を見ます。

 

心配です・・・。